FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッスンの組み立てを生徒と考える

発表会が終わり、何か変化があるかな?

とみんなから感想を聞いたり、今度は何やりたい?

と聞いて過ごした今週のレッスンです

改めてレッスンの組み立てを生徒達と考えてみました


弾きたい曲を仕上げるには、どういう時間配分で練習したらいいか?

等々。。話してみました


まだ学年が小さい子は、今弾いている曲ができあがると

すぐ、これ発表会で弾く?と聞いてくれます(かわいい)

あと何日かあって練習ができるからもう少し音の多い曲にしてみましょうか

と他の曲にチャレンジする生徒もいれば、イヤダ、この曲で行く



先の時間より今弾けている曲だけを発表したいタイプと

生徒の時間の感覚がそれぞれ違って練習への時間配分がまだわからない子もいます


少し大きくなると

あとどれくらいの時間練習すると、これが弾けると、わかってくるので(もちろん予定通りにはいかないけど)

普段の生活の中での時間配分を相談できるようになります

レッスンでも、普段の教本、テクニック、すぐできる曲、少し先に仕上げる曲

と計画が立てられるようになってきます。(そう仕向けるのもレッスンのうち)

レッスンで毎回仕上がりが先の曲ばかりでは、その日のレッスンの達成感がなくなるし

かと言って、すぐその場で弾ける課題ばかりでは

先への目標がなくなるしと、生徒の性格も考えながらレッスン内容を考えるのは

パズルの組み立てみたいです。


そんな中

A君が発表会後に変化!!

先週のレッスンでは、教本の先のページを見て

あと何回練習したら、これが終わる、だから今日はここまで頑張る

と未来の予想をして練習を始めました

何でもない事ですが、いつも、その場で「今日はこれしかやらない」タイプだったので

発表会で刺激されたかな?と少し嬉しくなりました



子ども達にとって一番よい方法で

練習の目標を考えて、毎回のレッスンでやること、少し先のレッスンまでにやること

と考えていくと


おうちで、今、何をやったらいいかのお話ができます。

逆を言えば

おうちで、今、何も練習しなかったら、先では何ができないか

がわかってきます。


なので、


これがやりたかったら、こういう練習を○○時間やる


というお互い納得した方法が見つかります。


大事なのは

やりたいか、やりたくないか 


それを決めるのは、生徒自身です

どんなに小さな子でも、自分の気持ちというのは存在します

その気持ちを汲みながら

レッスンを組み立てて行きたいものです


こっちのカエルさんもよろしく↓

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

時計 house
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

minaぽん

Author:minaぽん
埼玉県新座市ピアノ教室
「リズムぱれっと」です
子ども達と話すのが大好き(大人も好き)どうぶつ(うさぎ)も大好きです。ゲーム好き。
お問い合わせはお気軽に

一般社団法人 
全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)
指導者会員(池袋支部所属)

レッスン室は、のびのびした空間の設計、床の5線、実際に登れる「ドレミの階段」は生徒達に大人気です。

ひとりひとりの成長に寄り添ったレッスンを心がけています。読めて弾けるとピアノはとても身近になります。ピアノが弾けると世界が広がります。

歌のレッスン、ピアノ弾き語りレッスン歓迎
教室入会、レッスンお問い合わせはお気軽にどうぞ
ピアノの先生からの導入への指導法の相談などもどうぞ




教室のお問い合わせは下記メールフォームにて!

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
twitter
最近の記事
QRコード
QR
FC2カウンター
音楽関係&ピアノ教室リンク
RSSリンク
ブログ村参加中



ランキング
Flash Piano
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。